食べてみた

ツッパリサギを食す

ボトムチニングで釣れたツッパリサギ、よくこのおちょぼ口にフック掛かったな。

最終手段ボトムあれ?マジと書いてガチで海に生命感が戻ってきてます。ダツが表層をピョンピョン跳ぶのはベイトフィッシュがいる証拠。(ルアーに掛かるとやっか...

という事で捌いていく!!

どん!身が柔らかくてめっちゃ捌きづらい。しかも皮がヌル山ですべって固定出来ない。おい審判!すべるって!←得意のわかりづらいネタぶっこみ

もともと捌くのは得意じゃありませんが、この身の残り方。

胃にも何か入ってそうですね。胃の中ちょっとイイですか?のコーナー

これ系苦手な方はすみません。

上の部分に注目して頂くとカニの爪らしきものがありますね。他はよくわかりませんが魚を食ってる様子はない。

処理が終わったらキッチンペーパーとラップで包んで保存。

そして晩御飯。1枚は煮付けに

もう一枚は刺身にする事に

意外と肉厚で良い感じの刺身に

ちょっと皮を炙っちゃったりしたりしてやったりしちゃって

煮付けの方は・・・・

何で?何で丸くなっちゃった?まぁいいや。いざ実食!!

うひょ~肉厚でじゅし~。臭みも特に無し。

まぁ味覚音痴の僕は大体のものは美味しいので、これ以上の語彙は出てこない。

刺身もとくにクセも無し。捌くときに柔らかかったのでもっとプニプニしてるかなと思ったのですが、寝かせたせいか炙っちゃったせいか普通にプリッとした食感。あとちょっと思ったのは、炙ると素材の風味が損なわれるのかなぁ~

ぷー
ぷー
味覚音痴が素材の風味とか言うなし

4月からは草&魚を食って生活していけそうです!

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村