修理・メンテナンス・考え事etc

マスクカバーを作ってみた

1年以上前に買って棚におきっぱにしてたマスク。残り3枚しかない。

今ちょこちょこ生産・販売されているらしいですが、1枚のマスクを少しでも長く使ったり手作りすることによって、感染のリスクが高いとされている方達の手元に届きやすくするのも今出来る事の一つ。

とゆことで、マスクカバーを作ってみました。マスク本体にしなかった理由はマスクのフィルター機能を活かしたかったからです。

参考にさせて頂いたのは↓こちらの動画

 

ただしミシンを持ってなかった為、アイロンで強力にくっつく布用の接着剤で代用

 

一応動画撮影したんですが、パッとしないので写真で作成の様子を紹介。

今回準備したのは

 

・布1ⅿ×1ⅿ (ビッグ2で10㎝60円。1ⅿで600円でした)

・布用接着剤 (ビッグ2で800円ぐらい)

・布カット用の型 (38㎝×22㎝)

・ハサミ (布用ではない家にあったやつ)

・スケール (ワイルドだろゥ)

・アイロン (アイロン台は無いのでダンボール)

 

まずは型(38㎝×22㎝)のサイズに布をカット

『私も遊ばせてぇ~』って遊んでるんちゃうねんやねん

大分いびつなんですが、ちっさい事は気にするなワカチコ。

あとは動画の通りに各部を折り曲げて、接着剤で固定していく。

※動画では接着剤ではなくミシンを使用しています。

 

接着剤がはみ出たりしますが、形になればええやん精神。

慣れると結構早くできるようになります。

完成!!!(上は実際に使用するマスク)

中が筒状になっていて、そこにマスクを入れる構造。

実際に入れてみるとこんな感じ

立体マスク対応型なので上下に引っ張ると広がります。

これでマスクの機能はそのままに汚れを最小限に抑える事ができるし、耳ゴムもマスク本体のを使用しているので材料も最小限で済むしサイズ調整も無用。

でもあくまでマスクを使用することを前提としているので、そもそものマスクは必要なのが短所。

裁縫なんてボタン縫うぐらいしかできない男でも簡単に(1個20~30分)で作成することができましたので、今マスクをお持ちの方は是非作ってみてはいかがでしょうか?

 ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

 

コメントを残す