リーフ・磯

リーフエッヂライトゲーム

某大潮の日、以前お客さんとリーフエッヂに行った際の「気づき」を再確認にソロで再挑戦してきました。

波もうねりもなくベッタベタで何処を攻めて良いのかわからない状況。白波(サラシ)が立ってるところに潜んでいるという思惑でやろうと思ったのですが、それすらない。

とにかくランガン。エッヂのランガンは足場がキツいのでしんどい。

そしてたどり着いたのは20ⅿぐらい沖に5ⅿ四方の岩のテーブルがある場所。そのテーブルは水面から3ⅿほどの深さにありミノーを通すには絶好の場所。

さっそくゴツッゴツッと小さいあたりが連発するも全然乗らない。でもアタリが永遠に続くので何度も投げられる。

ついにフッキングしたのはホシゴンベ※WEB魚図鑑参照

ブツブツした顔と工事現場色のボディ。不思議な模様です。

そしてやはり反応がある場所には他の魚もいますミツバモチノウオ※WEB魚図鑑参照

20~25㎝ほどですが、この魚はめっちゃひくんですよ。30㎝オーバーもキャッチ。

ちなみに昔食べましたが、皮が鳥皮かってぐらい厚みとうま味がある魚でした。これはキヌベラかな?WEB魚図鑑参照

 

この日の大物との接触は、暇つぶしでタイドプールでエギングしてたら60~70㎝ぐらいのカスミアジが2匹ブワッと横切った事。見ただけっちゃ見ただけですが、見れただけでも接触認定案件。

あれはライトタックルだと瞬殺されるヤツ。久しぶりにショアジギタックル投げようかな~

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す