修理・メンテナンス・考え事etc

ライトゲームのタックル選定(奄美版)

ライトゲームのタックル選定(奄美版)

どうもこんにちは。

読者の方から島でルアーフィッシングをやりたいのですが、何を買ったらいいでしょうか?というお声を頂きました。これまでにも何度か聞かれる案件でしたので、今回サクッと僕なりのご提案をさせて頂きます。

正直人によって好みは違いますし、使うルアーや攻める場所なんかでも変わってくるので一概にこれ!とは言えないですし言いたくありませんが、基本的な考え方を交えてあくまで「例」として商品を紹介させて頂きます。

※本当に何買ったらいいかわかない人向けに、そのままポチッっても全然OKなものを載せてます。

『何を聞けばいいのかすらわからない』といった方向けなので、ある程度自分のスタイルが確立している方や、それなりに知識をお持ちの方は生温かく見て下さい。

狙う獲物(メッキ・ハタ・チヌ)

今回は上記のターゲットに絞ってご紹介します。島で大人気の「エギング」に関しては僕自身最近全くやらなくなっちゃったのと、そもそものイカ自体が激減してきてる気がするので今回はスルーします。ちなにみもうご存知まくりだと思いますが以下がメインターゲットです

ミナミクロダイ(チヌ)ギンガメアジ(メッキ)カンモンハタ(ハタ・ネバリ)

ロッド(竿)

基本的にPE0.4~1.0号前後に適合したロッドをオススメします。これはお店なら竿の箱に書いていますし、ネットでもスペックのところに100%表記されています。

PEラインの太さによるメリットですが

太い=ダメージに強い、高強度

細い=飛距離が出る、高感度

僕的にはPE0.8号が島でライトゲームをやるにはベストだと今のところ思っています。もちろんもっと細いラインで大物釣る方もいますが、かなりの上級者です。また、これ以上太くすると20~30㎝の魚を掛けた時に物足りない感があります。

そして竿の長さはどれぐらいが良いのか?という話しですが

長い=飛距離が出る、ショックを吸収しやすい

短い=ルアーの操作性が良い、コンパクトで扱いやすい

それと竿の硬さですが

L→ML→M→MH→H の順番で硬くなります。以下に特徴ですが

硬い=操作性が良い、寄せる力が強い

柔らかい=飛距離が出やすい、魚の衝撃を吸収してくれる

先ほどのロッドの長さの比較と似てますよね。

 

ざっくり、本当にざっくりすぎますし、あくまで僕個人の主観です。僕はトップルアーを使う事が多く操作性を重視しているので短く硬めの竿を使っています。具体的には長さ7ftぐらいの硬さMのチニングロッドを使用しています。以下に具体例をあげます。

あくまで具体例であり、上記の特徴を参考に様々なメーカーの竿を見る事をオススメします。メーカーによる硬さの違いもありますが、MLが無難だと思います。

 

 

リール

これは前述のようにPE0.8号の太さの糸を使う事を前提にお話ししますが、PE0.8号を150ⅿ巻けるリールです。これもリール本体や箱、ネットならスペックのところに100%表記されています。大は小を兼ねるとは言いますが大きすぎた場合、時には一日何百回と投げるのですから無駄に重いものをつけるのは相当しんどい事になります。また竿が軽くてリールが重いとルアーの操作感も悪くなります。大体巻けるラインの号数を竿の推奨ライン号数にあわせてたらバランス合うはずです。

これも具体例として2500~3000番台のリールになりますが、同じ2500番でも「S」や「C」とか着くと糸巻量が変わってくるので、購入時はしっかりと確認しましょう。

その他の小物(実際に使用しているもの)

ライン

『シマノ ピットブル4 0.8号 150ⅿ スーパーブルー』

安いししなやか。劣化耐性に関しては賛否ありますが、傷んだ部分はドンドン切っていけば十分だと思っていてかなり気に入ってます。色はグリーンとブルーがあるんですが、視認性より釣果重視ならブルーが良いと思ってます。

ちなみに、リールにPEラインを巻く際は専用の器具を使った方がムラなくキチっと巻けて、後々のトラブル(糸がバサっと出る)も防げますので、リールを購入したお店に頼むか買っておいた方が良いと思います。

リーダー

リーダーって何?ていう話しは割愛させて頂きます。僕が使ってるのはシマノのエクスセンスっていうやつで、固いフロロに柔らかいフロロをコーティングしているのでノットの締まりが良く結束強度を安定して高く保つことができます。16lbを使用しています。

 

スナップ

エバーグリーンのワイドスナップ♯1を使用しています。結構使ってる人多いのではないでしょうか。ルアーの動きを引き出してくれます(説明雑)。

強度も全く問題ありませんが、長く使ってると金属疲労を起こすのでヘタってきたな。と思ったらこまめに交換をオススメします。

 

最後に

『最後に』とかそれっぽい見出し付けましたが、言いたい事は特に思い浮かばず一言だけ。この記事がタックル選定でお悩みの方の一助になれば幸いです。

以上。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

POSTED COMMENT

  1. Jun より:

    すごく参考になりました、ありがとうございます!

  2. turinchu より:

    全てを正確にはお伝えできてないかもしれませんので、あくまでイメージとして受け取って頂ければと思います!
    参考になりなによりです!

コメントを残す