ガイド

寒いですがガイドやってます

前回に引き続き、ガイド釣行の様子をご紹介。※承諾済み

この日は常連様(以下T様)のご利用。※紛らわしいですが前回のT様とは別の方

今回も狙うはデカメッキ。T様に直近のガイド時にデカメッキが出たことをちゃんとお伝えしましたが、そんなに簡単に出るものではありませんと言って保険をかける僕はヘタレ。※でも事実

釣らせてあげないと!釣らせてあげないと!と気負い過ぎたらお客様にプレッシャーを掛けちゃうし、ちゃんと風や潮位を見て集中して考えないと釣れないし、そのへんのメンタルバランスが難しい。でもこれまでのお客様全員釣りの難しさをよくわかっている方達で、その辺を理解して頂けているのでありがたいです。ピリピリキリキリしながらやるより、お互いの意見を出し合い、あぁじゃないこうじゃないって楽しむのが一番かなと現段階では思っております。ちなみに船釣りでさえ釣れない時は釣れません。船長のプレッシャーたるや僕とは比べ物にならないでしょう。

と、前置きが長くなっちゃいましたが

一発目はダツ。

この日は前日より気温が少し下がって、安定のベイトっ気ゼロ。浅場にエサを探しにきているダツがトップで僕とT様にあたってくる。風裏のはずなのに、ちょっと風があたるのが気になる中、ポイントをテンポよく探っていく。

今回も基本的にはトップで狙って頂きつつ、僕はミノーやらジグやらで情報収集する。

するとやはり底気味でオニヒラメッキ。しかし群れている感じはなく単発。

その後もしれっと僕だけ釣っちゃう。

やはりジグが効果的という事で、Tさんに僕がやっている方法を伝授。魚影が濃ければ絶対食ってくるはずなのですが、単発が多い。やはり冬は渋い。

その後に向かったのは、浅場。

ここはトップルアー1択で、高活性個体が回ってくるor寄せて食わせるパターンの場所。二人でトップルアーをバッコンバッコン猛アピールさせて誘う。

いたら食ってくるはず!!

ほぼ祈りに近い推測を立てながら横目でちらちら見ていると

 

バシャンッ

 

でた!!しかも竿のしなりからしてデカイ。これもあるあるですが、大体みなさん普段から何かしらの釣りをされているので、しっかりとラインのテンションを張って安心感のあるファイトをされる。※もちろん初心者の方にはちゃんとレクチャーします!

 

そして浅場なので無理に竿を立てずに足元にずり上げてもらう。

うおーーーーーー!!

この日イチきたーーーーー!!

これにはお互いガッツポーズ不可避。本当に良かった。

楽しませてくれた魚にも感謝。

そしてその後は
僕がミノーでタコを釣るという謎プレイをかまして終了

 

この渋い時期になんとか形にできて本当に良かった。Tさん、また活性上がってきたときにトップで食わせまくりましょう!お疲れ様でした。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す