ガイド

怒涛の3日間連続ガイド 〜1日目 いきなりデカメッキ〜

この日はいよいよガイド本番。お客様はこれまた常連のM様(本当はTにしたいですが、これまでT様、T様、と続いちゃったのでMにしました。)本当にいつもご利用ありがとうございます。

初日は5時間コースと時間が限られているという事もあり、とりあえず1匹を釣る!を目標にご案内。ちなみに説明しますとコースには移動時間が含まれるため、実釣時間は短くなります。9時間コースですと行けるポイントの範囲もグッと広がって釣果はグググッと期待値が上がります。

と、ちょっとそれましたが

1箇所目のポイントに到着。安定して10〜30センチのメッキが期待できて、たまにバケモノも出る場所。軽く地形や魚が着きやすい場所をサラサラっと説明してあとは好きにやってもらう。僕はその後から追う感じ。結構期待できる場所を何度か投げましたが、そこそこサイズのメッキが追ってくるだけで口を使わない。もどかしいですが追ってくるのを見れるだけでも、お互いテンションが上がる。そんなこんやでポンポンと移動しつつ、ルアーも水深や風波の状況で変えて調査していく。すると、ジグを投げていた僕に中層で何かがHIT。そしてくっそ重い。

え?何?Mさんを呼んで、ただならぬものが掛かったことを伝えた次の瞬間

ピョーーーーーン!

跳んだ。え?

その姿は70〜80cmのシーバスにそっくり。その後も2度3度跳びましたが何度見てもシーバスにしか見えない。Mさんと大興奮しながらやりとりしていると

ふわっ

圧倒的ふわっ。悔しい。ラインが切れた様子。何故だ?どこから切れた?

4号のリーダーがガッサガサになっている。ルアーを飲み込まれていたみたいです。にしても歯でリーダーを切ったことになるよな・・・初っ端からなんてバケモンが掛かってしまうんだ。自然はいつだってこちらの空気を読まない、読まないといけないのはこちらの方。

その後特に何も起こらずだったので、早々に見切って移動していく。


やはり底には食い気のある魚がいる。コトヒキをキャッチ。

最近よく出るミナミヒメジ

そしてガイド(僕)がやらかす

40オーバーの『テンジクアジ』をキャッチ。最近よく釣れるなこの子。そんでHITルアー忘れてしまった・・・。多分リュウキ60Sだったはず

これで一気に場が盛りあがる。Mさんのにも出るか!!出てくれ!!!と、Mさんの声が!

 

っしゃキターー!

 

うおーーーーー!!ウオーーーーーーー!!魚ーーーーーーーー!!

来ました。初日からデカオニヒラメッキきました。最高。

Mさんも大満足。僕自身も真冬にも関わらず、ここ最近ガイドの調子が良すぎて自分でもひくレベル。

おめでとうございます!!!

初日でこれは100点の出来。もうホクホク。

からの

さらに10cm近くデカイやつをMさんキャッチ。これは僕も見ている目の前でトップに食ってきて凄く興奮しました。HITルアーはSPM75

おったまげ。なんて日だよ。と思った初日でしたが、2日目もエグかった・・・。

続く

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑