ガイド

怒涛の3日連続ガイド〜3日目 結局デカメッキ〜

3日連続ガイド、いよいよ最終話。

1日目、2日目は↓こちら

怒涛の3日間連続ガイド 〜1日目 いきなりデカメッキ〜この日はいよいよガイド本番。お客様はこれまた常連のM様(本当はTにしたいですが、これまでT様、T様、と続いちゃったのでMにしました。)本...
怒涛の3日連続ガイド〜2日目 やっぱりデカメッキ〜いや〜こんなにガイド使ってくれてありがたい。感謝感激雨サザエ。 1日目はこちら↓ https://turinchu.com/?p=1...

 

なんやかんやで釣れてる。おそらくですがメッキの場合、一人より二人の方が魚を寄せる効果があるし、攻め方やレンジもバラつくので結果としてどちらかが当たりを引くのかなと思っています。

この日の一発目はトップでロウニンメッキ!!

水温が低く動きも鈍いかな?と妄想して、ポップ→ドッグウォーク→ステイ(3秒)のパターンで誘っているとステイ時に下からボコッと出ました。チヌっぽい出方でしたが嬉しみのロウニン。HITルアーは得意のBHポッパーです。

 

その後もMさんと僕でポイントをしらみ潰しに探る。雰囲気が良くていつデケェのが出てもおかしくない状況ですが不気味なほど静か。

釣れない時はお互い距離を取ってなるべく広範囲を探る。

と、突然

100mぐらい沖でとんでもないボイルが連発。二人して何とかルアーをその中にぶち込もうとジグをフルキャストしますが全然届かん。ルアーが届けば釣れるのに!!見ていると20〜30センチ近いベイトが追われている様子。もどかしい状況の中、ただ指をシャブシャブするしかない。

そして長時間に及ぶボイルは落ち着き、また静かな海に戻る。

ですが!僕としてはベイトを水面に追っかけ回して興奮している個体が、表層を意識してまだ回遊しているのでは??と、ここでフェイキードッグのラトル音&派手ドッグウォークで誘いを掛けてみることに。

すると3投目ぐらいで波紋疾走。

ばふっ!

ばふっ!

きた!デカメッキがフェイキードッグに襲いかかる。しかしフッキングしない。

見せすぎないように早めにルアーを回収して再び誘う

ばふっ!

ばふっ!

バコン!!

うおーーーーーーーーーーーきたーーーーーーーーーー!!

ガイドのくせにお客さんにタモ入れを手伝ってもらいキャッチ。やはり二人いるとラク。

でででーーーーん!!オニヒラきたーー!!食う瞬間丸見えの糞味噌嬉しいパターンのやつ。

↓HITルアー

 

その後、トップの反応が悪くなってきたのでミノーを底に沈めているとフォールでゴツっとこれまたナイスサイズのオニヒラメッキ

HITルアーはおなじみリュウキ60S

でもキャスト後の最初のフォールで食ってきたの初めてかも。多分流れがあったから自然に弱った魚っぽい動きになったのでしょう。知らんけど。

一方Mさん

めちゃくちゃHITしてるのに不思議なくらいバレる。フック死んでるんじゃないか確認するレベル。

おそらくですが、SPM75という細長いシンキングペンシルだったのでフックじゃなくて胴体に食いついてきているっぽいのと、水流が結構あったので合わせの力まで流されちゃってるっぽい。

※釣りは妄想

 

そして、Mさん思考錯誤の結果ついに1匹をキャッチ!!

良かった〜〜〜。最終日もなんとか釣れて安堵&安堵。

 

ここでノーサイドのホイッスル。

 

今回は特に反省点やデカイ失敗は無かったはず。天候にも翻弄されましたがこれが自然を相手にした釣りというスポーツ。僕もMさんも全力を尽くせたと思います。

釣りをやっていなかったら、ブログを書いていなかったら、この煌めく三日間は無かった事でしょう。

とりあえず今後のガイドに関しては別途ブログ内でご報告します。

 

Mさんお疲れ様でした!またお待ちしてます!(人´∀`)

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す