メッキ

ぽつり釣果

ハイサイ!

島は雨&風&謎の真夏日で、自立神経が松葉杖を付かないと立てない状態になっております。手洗いうがい、早寝早起き、腹八分目という超低コスト高パフォーマンスの対策をしっかり意識していきたいところです。

釣りの方はというと、スキマ時間を見つけてはちょこちょこ行くのですが、なかなか、いやかなり渋い。この日はまとまった時間を確保できたので、サーフに出撃。

狙うは手前に寄ってきてる?おちぬか、根についている何かしら。

若干の風波が立ち、非常に良い状況。何故風波が立つと良いかというと、自分の姿を消せるのと着水したラインの存在も消せるからです。(持論ですが・・)

浅いのでトップ、スプーンは投げても潜らせずに表層を漂わせるのみ。ってな感じでやっていると、珊瑚から黄色い物体がトップルアーに襲いかかる。

おいおい。真冬のトップハタってどんなフィールドやねん。

結局2時間ぐらい粘りましたが、この1匹とダツアタックのみ。渋いな〜

 

そして別日風裏に入ったつもりでしたが、爆風すぎて風裏もエグい状況。砂が巻き上げらてニゴニゴのニゴ。

軽いルアーだと釣りにならないので、初手から12gのジグで攻める。そしてたどり着いたのが

全ての風がここに吸い込まれているんじゃないかってぐらい、風が直撃している隅っこ。ゴミもかなり多いですが、こういうところにメッキは寄る!

 

ゴンッ

っしゃーーー!!やっぱりいた。

ジグで追ってくるのが見えたので、ワームで速攻仕留めました。イメージ通りに釣れると自己満足感はんぱない。

5匹ぐらいの群れだったのと、濁りがキツイ事もあってもう1〜2匹釣れるかと思いましたが、そうはうまく行かない。

釣れない時はいつもより頭使うので、グッと成長できる。気がする。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す