チニング

デッドスローおちぬ

市内の大規模埋め立て地、最初に建つのがパチ屋っぽい件

 

ほいで

 

最近デカメッキを見かける事が増えたのですが、なぜか中層にいてルアーには見向きもしてくれない。やはり朝マヅメか夕マヅメに狙い撃ちしないといかんのか?

でも日の出が5:30、日の入りが19:15なので、ちょっと遠出しようと思うと

めっちゃ早く起きるか、めっちゃ遅くまでやるかの2択になってしまう。

釣果的にはどっちも甲乙つけがたいとは思っていますが、個人的には朝派。

 

で、この日もデカメッキを目撃したので、あの手この手で攻めましたがガン無視。

粘れば粘るほど場も荒れるし、もうお手上げ。

結局ターゲットをチヌに変更

予想通りの場所に群れているのを発見。でも警戒心MAX状態。それも予想通り。

ルアーをドンピシャ真上にキャスト。

すると案のチヌ離散

ここでアクションを入れると火に油を注ぐようなもの。

一旦放置して、逃げたチヌたちが戻ってこないか観察。

 

ぞろぞろ・・・

 

お、戻ってきた。でもルアーには関心を示さない。これはこれで釣れるわけが無いので、ちぬがビックリしないように、ラインを張る程度の超低速巻きでルアーに違和感を与える。

すると群れの中から好奇心の高いやつがルアーに寄ってくる・・

 

ちゅっ

 

軽くジャブを喰らいましたがフッキングせず。でもまだルアーの周りをウロウロしているので巻き続行。そして再び浮上しルアーに接近してくる

 

ぶちゅっ

 

ラインにテンションが乗ったのを確認して合わせを入れる

っしゃーーーーー!!!

激渋の中で食わせられて嬉しい。

なんか違和感を感じるけど鱗4枚か・・、ナンヨウチヌじゃないか・・。

 

その後は潮の関係でチヌ狙いから深場のボトム攻めに変更。


キントキあにィをキャッチ。

 

メッキもいいですが、チニングはゲーム性がさらに高くて面白い。

 

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す