ガイド

最後の釣りガイド 〜2日目 精神の崩壊〜

鳴かぬなら もう釣り行くわ ホトトギス

 

ほいで

 

釣りガイド二日目。

初日はデカメッキ&デカイケカツオをキャッチという、衝撃のスタート。

最後の釣りガイド 〜1日目 でっけぇヤツ釣れた〜 いよいよ来ました。 釣りガイド最後最後詐欺の本当の最後。のはず。 詳しくは最終日の記事で発表致します! ほいで 今回は2...

 

この日は事前に現場調査をした際に、ベイト&尺メッキの群れを確認したポイントに夜明け前にエントリー。怪鳥奇虫の鳴き声を聞きながら、放射冷却で冷えた夏の朝の空気を感じる。

そして台風が近づいてきている影響で、風が強い。というか強すぎるかも。

うねりもウネウネ入ってきているし、これが吉とでるか凶とでるのか・・・。

 

そして

 

開始早々に僕のルアーに謎の生物が襲いかかる

『バフォッ』

 

惜しくもフッキングしませんでしたが、この吸い込み音のデカさ、吸い込み水量の多さは『例のあの魚』か?

朝市から心停止しそうになりましたが、気を取り直して続行。

この日のファーストフィッシュは僕が釣った『オキフエダイ』

HITルアーは今回のお客様Tさんからお土産で頂いた

ルーディーズ 魚子ラバ 3g

タイラバをそのまま小さくしたヤツのようですが、これは釣れるやつですよね。

 

Tさんもこれを使っていたのですが、マングローブジャックに根に潜られて殉職。あとさらにデカイマングローブジャックにDコンタクト(ミノー)も根に潜られ切られており、少し気の毒でございました。やっぱりジャックは歯の鋭い「根魚」だなと改めて思ふ。

 

その後も雰囲気は良いのですが、横風が強すぎるのと、うねりが大きすぎて上手くトップルアーを動かせない。こうなるとミノーやらバイブレーション、ジグで少し沈めて応戦。

ギラッギラッと、メッキらしき姿がちらつくも食ってこない。

ここで再度魚子ラバを投入。

軽くシャクってフォールを繰り返すとっしゃこら!ギンガメッキをキャッチ!!

 

ジグをフル遠投してフォールしていると中層でダツ氏HIT&キャッチ。

余談ですがこの釣りポイント、竿立て用の塩ビ管やら寝る用の板を敷いていますが、あまり良くないですよね。これを設置した人かはわかりませんが、ゴミもよく捨てられているし、以前は壊れた椅子もそのまま放置。その椅子は僕が持って帰って捨てましたが、一体どこのどいつだよ。せめてゴミ袋代払え。

 

その後、風はますます強くなり、食い気もそんなに感じられなかったので、風裏のポイントへ移動。ここではデカメッキに加えて『赤くてジンジンするやつ』も狙う。

最後の釣りガイドで釣れるなんて事はあるのか・・。

とりあえずチビメッキズがお出迎え。

恒例の躍動感ショット素早いリリースが可能となります。

Tさんを遠目から監視していると、同じようのを釣っている。が、お互い声を掛けるほどのものでもなかったので、黙々とランガン継続。

目的地まであと半分ぐらいのところまで進むと、Tさんから『こっちに来て見て下さい』とのお声がかかる。行ってみるとおそらくデカメッキ(ロウニンの可能性大)が、壁際に小魚を追い詰めてボッコボッコと捕食している。

距離があったのでTさんは狙いませんでしたが、僕は水に浸かりながらギリギリまで近づき射程圏内に侵入。

愛投の『ポップクーン50F』をほぼピンポイントでその魚の上に投げる。

 

グググッ

 

速攻で竿に重みが乗る。すぐに合わせを入れようとした瞬間

 

ふわっ

 

圧倒的ふわっ。ポップクイーン瞬殺。

多分ルアーを丸ごと飲み込まれて、リーダーを切られたっぽい。

真上にピンポイントじゃなくて、少し追わせて食わせたほうが良かったかな〜〜〜〜〜〜

あとのフェスティバル。

 

にしてもあれはデカかった。もろ見えの千載一遇のチャンスを逃した事で、精神に大きなダメージを追う。

若干手足を震わせながら、Tさんからの励ましで何とか再び歩き出す。

 

そして再会早々にTさんに嬉しい釣果が!

闇属性のハタをキャッチ!!

実はTさん初めてのヤミハタ。ずっと釣りたかったと言っていたので、これは嬉しい!!そして、その後ヤミハタ地獄もとい天国が始まる。

リュウキ60Sでリュウキ60Sで

カスミちゃんもリュウキ60Sでキャッチ。
ヘビーミノーで魚子ラバで

 

Tさんもヤミハタの初手100%からの2秒後には0%になる、ヤミハタのひきを味わっている。その中で混ざってきた、これもTさん初魚種の

ヒトスジタマガシラちゃんをキャッチ。

 

この活性、ヤミハタの出現率・・・・

 

『赤くてジンジンするやつ』もしかして、もしかすると・・・・

 

そんな事が脳裏をよぎりながら、ほんわかにこにこフィッシングをしていると

 

ゴンッ

 

岩が突進してきたかのような衝撃。からの

 

ギャリギャリギャリギャリギャリギャリ

 

これはあかんシリーズ。Tさんも僕の竿のしなり、リアクションにただならぬ様子を察し、動画を撮影開始。※動画は非公開です

根だらけのポイントだったので、走られる場所によっては一発アウトの状況。なんとかファーストランをこらえて、とにかく上に浮かせようと横ではなく縦へのプレッシャーを与える。

すると

 

ススススススッ

 

急にラインのテンションが抜けたので、バレたかと思いましたが、なんと

 

根に潜った

 

ヤミハタの活性が高い、アホみたいなトルク、根に潜る挙動

指名手配中のあいつに確定!

 

そして根伝いに移動を開始するという、鬼の難易度。

根に擦れてラインを切られないように、ドラグを緩めたり、ベールを上げてフリーにしたり。リング上で死闘を繰り広げている僕に、コーナーからTさんも根の位置、足場移動の是非へのアドバイスを送ってくれる。

僕もここで会話ができる程度には冷静。

 

最終的になんと、潜った根の真上に立つ。

 

これは勝った!!!

(↑この時点で死亡フラグ成立)

 

一瞬根から出たと思われたその瞬間に、一気に勝負を仕掛ける!!

 

 

なんと、根から出たと見せかけて次の根に潜っただけでした。テンションを張った糸に横の力が加わると、いとも簡単に切れてしまう。糸だけに。

 

一瞬目の前が真っ暗。

気づいたときにはあまりの悔しさに、記事には書けない問題行動を・・・。Tさんに撮られてた・・・。笑

 

ここで僕の精神は崩壊。膝からどころか、腰から砕け落ちる。

そして僕の心を写すかの様な突然の大雨。

 

パトラッシュ、なんだか僕眠いんだ・・・・

 


帰路にメッキを1キャッチし二日目は終了。

 

帰りの運転中も、ばらした映像が何度もフラッシュバックして、奇声をあげていたとかどうとか・・・。

 

3日目 〜最後まで全力&お知らせ〜

へ続く

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す