読書

読書「世界一優しい問題解決の本」

久しぶりの夜勤で自律神経が乱れて睡眠が浅くなっております。明日はサウナに行こう。 ヒャッハー

 

ほいで

 

今回紹介する本は

渡辺健介著 「世界一やさしい問題解決の授業」

おすすめ度 ☆☆☆☆☆ (5段階中ゼロ)

ブックオフ徘徊中になんとなく目についたので買った本。

内容としては問題を細分化して個別に解決策を洗い出し、さらにそれを細かく効果の高さ、難易度の高さを位置づけて実行を取捨選択していくっていう感じ。

なんというかめんどくせ〜と思っちゃう。笑

タイトルの「世界一やさしい問題解決の授業」とありますが、やさしいか?と思ってしまいます。手法としてはむしろ一般的で別に目新しいものではなく、根気と地道さを要求される内容。この本に書いてある手法が実行できる人は、そもそもこの本を読まなくてもできちゃう人。

Amazonのレビューが良かったから買いましたが、ちょっと期待外れ。逆に低評価の方の意見はほぼ僕と一緒で納得。

そもそも子供向け?(にしては難しい)なのかわかりませんが、1時間ちょいで読み終えちゃいました。なぜ高評価なのか、なぜ何十万部も売れているのか?真偽を疑ってしまうレベル。我ながら酷評しまくってますが、あくまで著者の人格否定等ではなく率直な感想でございます。

本は読むまでわからない。

コメントを残す