修理・メンテナンス

アロンアルファで竿修理

急に海中に吸い込まれていくライン

 

うりゃ!!

バラシではない。ゲソキャッチ。

※どうしてもピントが合わない

 

と、竿の♯1があさっての方向を向いている。

これまで、だましだまし使っていた、つなぎ部がガバガバの竿がついに限界を迎えたため、修理をすることに。

右が♯1、左が元竿

差し込むとこう。

えぇ。完全にくっついてますね。

注※本当はくっついちゃダメ

 

ネットで調べたところ、差し込むオス側に瞬間接着剤をぬる方法を発見。

試してみる事に。

乾燥を待って、とりあえず差し込んでみると今度は全然入らない。草。

※乾く前に差し込むと、世にも珍しい1ピースエギングロッドが出来ます。

と、ここで新事実が発覚。

写真じゃわかりづらいですが、♯1の差し込み口。割れてる~~~。

とりあえずここもアロンアルファを塗っておく。←大丈夫か?

 

なんやかんや、塗ったアロンアルファをカッター、ヤスリで削って調整し無事に調整完了。

 

ちなみに瞬間接着剤って、戦争中に傷の治療のために開発されたらしいですよ。

 

さて、さくっとキロイカでも釣りに行こうかな。

 

ぷー
ぷー
たわけ
  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。