食べてみた

コブシメを食す

また釣行記は後で書くパターンです。

今回はコブシメを食します。

リリースしようか迷ったんですが、

ちょうど一人で食べきれるぐらいのサイズという事でキープ。

左=ゲソ、真ん中=漏斗、右=肝?

 

刺身。

サイズは小さいのですが、やはり厚みがあり食感が強い。

切り方の重要さを再確認。

唐揚げは最高。

厚い身が肉感をかもし出し、熱を通す事で肉もより柔らかくなっている。

肝の部位は濃厚すぎてちょっと食べづらい。

 

やっぱり刺身=アオリ、揚げ・炒め物=コブシメ

でしょうか。素人が調理をすると。

 

前に釣った7.4キロのコブシメの骨との比較。

思ったほどデカく無いように感じるし、デカくも感じる絶妙さ。

いや、デカイカ。

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
 

コメントを残す