エギング

モンスター出現

2018年12月21日(金) 大潮

最高24.6℃ 最低18.4℃ 湿度84%

平均風速1.9ⅿ 最大風速南5.1ⅿ

海面気圧1018.4㍱ 降水量合計2.0㎜

この日は夏日でとにかく暑かった。

そして大潮、ほぼ満月、微風。

何かが起こりそうな気はしていたが、まさかこんな事が起こるとは。。。

夕マヅメにポイントにエントリー。

300ℊのアオリイカを釣った事がある程度の場所ですが、潮通しが良さそうな事と、水深が10ⅿ~20ⅿと割と深い場所だったので、調査も兼ねて決めました。

まだ日が落ちる前に根がある場所を確認し、そのキワや砂地の場所をボトムを意識して何度もエギを通す。

そして日が落ちる寸前。

ズシーーーーーーーン

うわ。最低。重さからしてロープに引っ掛けたっぽい。というかロープあったか?

ざわ・・

竿を立てると、一応寄ってくる。漂流してきたロープかな?寄せれるところまで寄せて、手が届いたらエギ回収しよっと。

ざわざわ・・・・

にしても重いな。

ジジジジジジジジジジジジジジジジー

(※ドラグ音というリールから糸が引っ張り出されて出る音)

!!!????!

え?うそ。動いた!!?

ジジジジジジジジジジジジジジジジジ

ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ

おい。

ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ

おいおい。

ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい

いつまで走るねん。

こりゃカメか??あぁ~面倒だな。

お、止まった。とりあえず糸切るのももったいないし、掛かりどころが悪いと申し訳ないのでとりあえず釣る事に。

ざわざわ・・・・

ざわざわ・・・ざわ・・・・

ざわ・・・・ざわ・・・・・ざわ・・・・・・

うんとこしょ。どっこいしょ。それでもカメは釣れません。

うんとこしょ。どっこいしょ。まだまだカメは見えません。

と、

ぐいーーん。ぐいーーーーーん。

突如リズミカルに竿が引っ張られる。

嘘でしょ。イカ??

ぐいーーーーん。ぐいーーーーーーん。

確定。

一気に緊張感がMAXに。

そして休憩終了といわんばかりに

ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ

ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ

止まらん。PE0.8号、リーダー3号でこのひきはかなり厳しい。

一方的に走られては休憩して、また一方的に走られるを繰り返していると

ギギギギギギギギギ

と、今度はまさかのラインが根に擦れる感触が伝わってくる。

もうだめだ。いつ切れてもおかしくない。

切れる。切れる。切れる。と思いながら10秒経過。

あれ、意外と切れない。

ダメ元でこのまま頑張ってみよう。と根に擦れながらのファイトを開始。

瞬発的なダッシュをされると絶対切れると思ったので、刺激しないように優しく優しく竿を立てる。

立ち位置も変えてみたりして、とにかく最善を尽くす。

ギギギギギギギギギギ

あぁ~これ一生悔やむんだろうな~。と糸が切れる心の準備をしつつファイトしていると

ぷりん!!

僥倖とはまさにこのこと。(※ぎょうこう=思いがけない幸い。偶然に得る幸運。)

糸が根ズレから復活。イカと一直線上で結ばれる。

ここで多分スイッチが完全に入りました。

釣った後の事、ばらした時の事等、余計なことは考えずに『今』に集中。

フックが外れないようにテンションを保つ。フックが伸びないようなテンションを保つ。

もう根に潜られないような竿の位置、角度を保つ。突然の猛ダッシュで糸が切れないようにドラグ設定を1コマ単位で調整。等々・・・・・

全ての事をバランスよくやる事に集中。

イカの吐く水で水面がぼっこぼっこと、沸騰したかのような状態になり

ついに姿を現わす。

やっぱりカメ。って言いたくなるぐらいデカイ。

最後のジェット噴射に注意し慎重にランディング。

※エギは比較用の3.5号

一気に頭から血が下りてくる。

やってしまった。一体何キロあるのか想像もつかないぐらいデカイ。

どのぐらいファイトしたのか。15分?20分?

ドキドキの計測。

なんと

7.4キロ。

あほみたいな数値。

どうしてもブツ持ちの写真を撮りたかったので、友達の家まで行って記念撮影。

もう二度とこのサイズのコブシメには出会えないかもしれない。

釣ったときのエギは記念にとっておくことにしました。

朝日エギという鹿児島で作られている手作りのエギです。

今回のものかはわかりませんが、かじりあと付き。多分かじられてたらこんなもんじゃないはず。。

奄美最高。釣り最高。幸せ。

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。