台風の後

8月6日(日) 大潮 曇り

最高31.7℃ 最低28.1℃ 湿度74%

西南西の風3ⅿ 海面気圧999㍱ 降水量0.0㎜

今回の台風はでかかった。といっても、僕自身が奄美で台風直撃を経験する事自体が数年ぶり。

養生をお手伝いした、パッションフルーツのビニールハウス大丈夫だったかな~。

幸い我が家はまったくダメージ無し。停電も30分程度あっただけ。

と友達とそんな話しをしながら近所の川へチニング。

さすがに濁りと水量がものすごい。

でも枝や葉っぱなどは、思ったよりも流れていなく一応釣りはできる状態。

なるべく流れが穏やかになっている箇所にルアーを落とし、

いつもの放置プレイだと流されてしまうので、ちゃんとアクションをつけ巻く。

それでももの凄い勢いでながされてしまう。

こんなので釣れるか、半信半疑でやっていると、

「ガバッ」

久々のトップウォーターゲームっぽい釣りにテンションUP!

しかし、かかりが浅く足元でばれる。くやし~~

しかし、やはりこの濁りがいいのか、大潮だから、低気圧で活性があがっているのか

チヌが追ってくる追ってくる。

不思議な光景も目撃した。

30~40㎝ほどのチヌが2匹体をくっつけて浅場を泳ぐシーンを目撃。交尾?戦闘?なんだったんだろう。

手前5ⅿほどでHIT。下から食いあげる瞬間がみえてダイナミック!

その後も同じ場所で一匹ゲット

一緒に行った友達も一匹ゲット。

30分程度で3ヒットの2ゲット

やっぱり荒れると釣りやすくなるっぽい?今日も試しにやってみよう。

結果はどうなるか?

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村


海釣りランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする