島外

徳之島釣行記1日目

ここ数日、奄美群島に属する離島の1つ徳之島に行っておりました。行くのは初めてですが、おじいちゃんが徳之島出身なのでちょっと親近感。

名瀬から徳之島の亀徳港への船は朝6:00頃に出発。車も申請すれば無料で港内の駐車場に数日間停める事が出来ます。乗船料金は確か2500円ぐらい(適当)。

個人的に船内にゲームセンターがある船は『アタリ』。このしょぼい感じがたまらない。

早速僕の北斗百裂拳をおみまいしてやろうと、100円を投入。

ガチャン

・・・・は?

・・・・・・・・え、まって。

・・・・・・・・・・・・・・・・

反応無し。返却レバー押しても100円は帰って来ず。くそぉ~くそぉ~~ここも帝愛グループの巣か!一条の野郎、絶対許さねぇ!!

結局アラジンへ。

ぶちゅっ演出もスカ

気が付くと

400回転も回していた。釣りんちゅ、初っ端から2,000円の散財!圧倒的敗北!!ぐにゃ~~ん。

結局大人しく雑魚寝のフロアで寝る事に。

出発から3時間ちょっとでついに見えてきました!初徳之島!ココロオドル

created by dji camera

到着後、早速近くの亀津港でドローンを飛ばす。※後日UPします。

created by dji camera

まずは上空から地形を把握。左側の川の流れ込み、浅場があやしいとにらむ。

ちなみに事前情報は一切調べておらず行き当たりばったり釣行。んが!!!

さっそくトップでオニヒラアジ!!しかも深い側に投げてヒット。底から食いあげてくる様子が丸見えで大興奮。

まったく同じパターンで同じ型を追加!幸先良すぎてもうジャイアントウレピー。

その後ニシムタに釣具売ってるみたいなので行きましたが、品揃えがそのまんま名瀬のニシムタと同じ。とりあえずフックだけ購入し、この日のメインイベントへ。

この地下格闘技場感。

そう!!徳之島といえば伝統の『闘牛』、一度は見てみたかったやつ。1月1日がメインイベントで、その後2日・3日・4日とそれぞれ階級別での開催。この日は4日目の若手メインの大会。4日目なのに場内は異様な雰囲気。

始めに1頭が入場して、後からもう1頭が入ってきて流れでそのまま試合開始。試合開始前から何かヤバイ薬でも打ったんじゃないかってぐらい牛の目がイっちゃてました。(若手なので大勢の人前で興奮したのかも)

そしてまさかの1試合目から20分以上の大熱戦(大体は3~5分)。巨体同士がぶつかる鈍い音が場内に響き渡る。牛を鼓舞する人間も1頭につき1人ついて、ここぞという時に牛をまくし立てる。人間側の負担軽減とマンネリ防止の為?鼓舞する人間も数分ごとに入れ代る。時間は無制限で逃げの姿勢を見せた方が負けらしいのですが、どちらも譲らない。最終的に決着は付きましたが、牛の倒れるんじゃないかってぐらい疲れ切った様子と脱糞する姿に衝撃。

勝った牛は相撲の前掛けのような立派なものを背中にかけられて、さらにその上に老若男女が乗り喜びを爆発させる。これだけで記事1本書けそうな勢いですがこの辺で。

闘牛運搬専用車

ほいで

あちこちランガンするも、果てしなく透明・深い・ベイトいないっていう状況。イカがいそうな雰囲気でしたが1匹も見ず。

夕マヅメにスロープで何かが食ってきましたがフッキングせず。この日はこれにて閉店ガラガラ(←ガラ=メッキ)

 

 

 

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す