メッキ

最近こんな感じで攻めてます。(メッキ釣り)

夏が過ぎ風あざみ。

3~4日ぐらい何も書かないと禁断症状で釣りに行っちゃうのですが、何も書くことがない。

僕のメッキ釣りは大体同じパターン。

という事で、いつもこんな感じでやってますよというご紹介。ご参考までに。

まず現着したらコイツ。ダイワのモアザンソルトペンシル70F

傷だらけワロタ。←このせいで最近食いが悪いのか??

高活性がいたら食ってくる、もしくは追ってくるのでこれで調査します。

ベイトがいる場合も、こいつに驚いてパチャパチャ跳ねるので確認できます。

 

ほいで、↑で追ってきたけど口を使わないっていう時はこいつ

バスデイ SPM75

ソルトペンシルみたいにわちゃわちゃせずに、水面直下を若干のひき波を立てて泳ぐので、コメッキも思わず口を使ってしまったりしまわなかったり。

飛距離もソルトペンシルの1.2~1.3倍ぐらい飛びます飛びます。

あれ?フロントフックがイカれてる・・・。なんで。

 

まったく反応がなかったら、強攻手段。

ジグをフルキャストしフル早巻き。

釣れるかどうかは二の次で、ストレス発散にピッタリ。

200円ぐらいのジグ。

ソルトペンシルの1.5倍ぐらい飛ぶので広範囲を探れます。これも結構追ってくるんですよね。ほぼ食わないけど・・・。

 

ここまででトップ調査が終了

 

次は狙う水深を少し下げます。

DUELのヘビーシンキングミノー。

小型で重めだから飛ぶ。シンキングだからボトムからの巻き上げもできる。これで何匹仕留めたか。。。。。。

基本日中はナチュラルカラー、マヅメor濁りが入った状況だとドピンクを使います。

ドピンクカラーは今手持ちがないので、心細くて寂しくて釣りに逃げる日々。

 

 

シンキングミノーによる上層、ボトムからの巻き上げでもだめなら

バイブレーションフルキャスト、着底、からの早巻き。

イメージは全層を一気に調査してる感じ。

巻くスピードを遅くすれば深めを攻めれます。←タチウオはこれがよく釣れる気がします。

 

これでもダメならもうこれをこれするしかない。↓

これをこうこうこう。

 

表層をトップスピードで巻いたら、もはやアジング。

ご存知の?ニシムタに売ってるルアーこと、ニシムタくんです。※勝手にそう呼んでる

 

難点は飛距離が出ない事。確実にいるのに食ってこない時に使っちゃいます。

釣れるサイズも小型になりやすいので、本当の最終手段。

 

これでも釣れないなら??

 

撤収!!!

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。