イカ登場!と南部アジング

7月24日 大潮 晴れ

最高32.9℃ 最低26.3℃ 湿度71%

北の風3ⅿ 海面気圧1004.4㍱ 降水量0.0㎜




やっと釣れた~。



大潮の潮が引ききったあとの、この浅場。

で、アジングでメッキを狙っていたら

イカが追ってきた。

↑このパターンよくある。

ものまね歌合戦の、後ろからご本人登場のごとく現れる。

ダッシュで車に戻り、エギングタックルをとってくるも

ご本人がいない。

でもその辺にいるはずと仮定してエギング開始。

遠くには根があるので、ボトムまで落とさずに水深1ⅿ付近でしゃくって

さびく。

そんで手前の砂地でボトム付近まで落とすアプローチに切り替える。

奥から広範囲に誘い出して手前で抱かせる作戦

こんな感じ


BlogPaint

最後手前付近でさびいてフォール中にHIT!

使用したエギは



デュエル(DUEL) エギ パタパタQ スロー 3.5号 A1721-CSB #12クリア―スティールブルー

新品価格

¥640から

(2017/7/25 11:10時点)

DUELのパタパタQスロー

①普通のパタパタQの沈下速度が3.2秒/ⅿなのに対し

こちらが5.5秒/ⅿとゆっくり落ちること。

②トリックフックを採用していて、根掛かりの時にフックが伸びる

ので回収率が高い。

③しゃくったあとフワッと感が良い!

上記理由で、リーフや浅場が多い島では重宝します。

ひさびさにサイトフィッシング(イカを見ながら釣る)じゃなかったので

ちょっと嬉しさUP。

そんで夜は島の南部に用があったので、友達を誘ってアジング

さくっと行ってさくっと釣るはずが、

アジがいない。



ハタンポがすごい数いる。

でもこの一匹以降は、見切られて?まったく食わなくなる。



サイクロプス



バチヌケ確認。笑

一度、10分ぐらいの死闘が繰り広げられるも

堤防の下にもぐられラインブレイク。

めっちゃくちゃ走るし、重いし止まったときのグングン体をうねらせる感じ

から多分ヤガラかダツだと思いますが・・。悔しい。

気をとりなおして



 

アジングワームでボトムをせめるとチヌがHIT・・・・お気づきだろうか。チヌの背後から忍び寄る不気味な影。



プレゼントフォアニャン


イカ刺しマイウ。

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。


にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村



釣り・フィッシングランキング

アドセンス関連記事ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする