チヌを求めて新地開拓

7月27日 中潮 曇り

最高32.8℃ 最低26.2℃ 湿度71%

北北東の風2ⅿ 海面気圧1006.5㍱ 降水量0.0㎜

前回、ランカーチヌを逃してしまい悔しい思いをしたので

ランカーチヌを逃した記事はこちらをクリック

近場でも良いポイントはないかと探索してきました。




結果的に4か所ぐらい見た結果、釣りができそうな川は1か所。

その他は川幅が狭すぎ&浅すぎでちょっとやりづらそう。

でも見つけた一か所が、とても良さげなポイント。



この日の濁り具合だと、チヌがうろついているのが目視できる。

川幅も十分あり、深さも申し分なし。

底の地形もチヌが溜まりやすそうな箇所が数か所、チヌが下にいそうな樹木も点在。

やっぱり釣りポイントはグーグルで見るのと、実際に足を運んで見るのとでは

全然違う。

このポイントを探す行為自体も、探検しているみたいで、わくわくして楽しい。

この川を上流から下流側へランガンしていくと、3バイトあるもフッキングしない。

攻め方は、いそうな所の1ⅿ外側に落としてルアーを放置する戦法。
※最近こればっかり。アクションさせるとチヌが逃げる事が多いため

そんな感じで、下流側の樹木の下に落とすと、

水面がモコッと動く。

いた!

ルアーを放置。

バクッ!!


良型!!

HITルアーはビックツーで衝動買いした、400円くらいの小さいポッパー。

その後は特に何もおこらず、撤収。

帰り際に、コイが20匹近く溜まっている箇所を発見。


チヌが混ざってるんじゃないかとジーっと見ていると、地元のおじさんが
声を掛けてきた。

コイを釣ろうと思われて怒られる?と思っていたら、

・コイを全部釣り上げてほしい。そのために草を刈って釣りやすくしている。
・昔は天然のメダカがいたけど、このコイ(昔は餌をあげていた)が原因で生態系が
狂ってしまった。

との事。ちょっと鯉をエギングロッドで掛ける勇気はないので、またそのうち
チャレンジしようと思います。


毎夜窓の外側で繰り広げられるヤモリの食事シーン。
かわいくて癒される。笑

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。


にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村



釣り・フィッシングランキング