初GTとの格闘

8月2日 若潮 晴れ

最高34.2℃ 最低27.0℃ 湿度65%

北風4ⅿ 海面気圧1003.0㍱ 降水量0.0㎜やりました。

あの大物狙いでの超人気ターゲット、GTを釣ってしまいました。

ほぼ黒塗りで申し訳ございません。

サイズは29㎏釣り方は、船からの赤ウルメ(グルクン)泳がせ釣り。

タックルは先輩に借りて使用。

石鯛竿に石鯛リールという組み合わせ。※普段磯釣りで使っているものを使用。

糸はナイロンの20〜30号だと思いますが、もっと太いかもしれません。針はとにかくでかい!笑

針を生きた赤ウルメ(エサ)の鼻に貫通させて、海に落とす。

するとエサが深みに潜っていくので、リールから糸がでるようにしておいて

そのまま泳がせる。

するする~~と糸がでていき、しばらく待つと

「コツコツ。コツコツ」

とエサがあっち行ったりこっち行ったりする動きが

伝わってきます。

※おそらくGTを見つけてパニック状態になっている。

その状態が20秒くらい続いたあとに、

「ジャーーーーー!」

っと糸が急速に出ていく。これが食った合図。


でもすぐには巻かずに、待つ。

10秒ぐらいしてジャーーーの勢いが、一旦落ち着いたときに

ライン放出を止め、ドラグもめいっぱい締めて、鬼合わせをする!
ファイト開始!!

すると、もの凄い勢いでGTが潜ろうとする。

負けじと竿を寝かさないように、立てたままにしてロッドのパワーで応戦する。

それでもお構いなしに糸がどんどん出ていく。

本当は色々やりとりがあるのかもしれませんが、まったくそんな余裕はなく

ただただ竿を立てて、緩んだなっと思ったすきに少し巻くの繰り返し。

しかも、先輩が手で糸を引っ張るサポートしてくれて、本当に巻きやすかった。

そして、姿がみえて船にあげた瞬間の驚きと感動。的確に言葉では表現できません。

今回は周囲のサポートのおかげで釣ることができたというか、釣らせて頂きました。

本当に感謝です。

しかし、まだ陸からGTを釣るという目標があるので、

あの巨体とまたあえる日が楽しみです。

でも、あの重さ・ひきの強さ。

船の上でヒイヒイ言っているのに、陸から釣るなんて、なんておそろしい難易度なんだ。

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。


にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村



釣り・フィッシングランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする