チニング~たまにでるミラクルキャスト~

8月22日(火) 大潮 晴れ

最高31.8℃ 最低27.6℃ 湿度75%

南南東の風5ⅿ 海面気圧1011.8㍱ 降水量0.0㎜(2ゲリラ豪雨あり)

早朝フィッシング。

川の濁りがすごい。こういうときに釣れるとはいいますが

濁りすぎ?カフェオレ状態。

案の定、チヌとの接触無し。

でも、時折下からぬめっと顔を出してくるのでいる事はいるようです。

こういう時って何が正解なのだろう。そもそも捕食しないモードなのかな?

なにやってもダメな時は、気分転換もかねてそく場所を変える。

そして、いつもの川のキワ攻め作戦に変更。

しかし反応なし。

そんな中、30投に1回ぐらいのミラクルキャスト炸裂!

川側に飛び出した草の先端にラインがかかり、真下にルアー宙づり状態で

超ピンポイントにネチネチせめる事ができる!

『ちょっと何言ってるのかわかんない』

と思うので↓図解するとこんな感じです。

この状態で竿をちょんちょん動かすと、ルアーがその場で上下し

水面で暴れている虫?的なものと思い、チヌの集魚力が段違いです。

スポンサーリンク


ちょんちょんやっていると、バシャコン!バシャコン!バシャコン!

と何度もアタックがあり、5度目ぐらいでようやくフッキング。

(カメラが曇っていて、メルヘンチックな一枚)

このミラクルショットを意図的にだせるようになったら、

上級チニンガーですが、その道は果てしない。

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

アドセンス関連記事ユニット

コメント

  1. マエジマ より:

    お疲れ様です‼
    釣りは (笑) 少しの奇跡と
    多大なる運が有れば、どんな魚も釣れると思います。
    頑張って下さい!

    • turinchu より:

      お疲れ様です!
      確かにそうですね。釣りって技術も大事ですけど、奇跡と運が要素が大半を占めてると僕も思ってます。

      奇跡がおこるといいのですが。
      ありがとうございます!