チヌとのやり取りについて気をつけている事

8月28日(月) 小潮 晴れ

最高33.0℃ 最低26.4℃ 湿度67%

北風3ⅿ 海面気圧1010.7㍱ 降水量0.0㎜

短時間勝負。

前日とはポイントを変更。

暑い、暑いよ~溶けてしまいそう。

潮が引いているときにエントリー。

場所によっては、潮が満ちている時よりも引いている時のほうが

チヌがつくポイントが絞られてやり易い事があります。

そしてトップ中毒者は、まずトップを攻める。

浅場を見渡しても、チヌの影がない。たまーにしたからヌメっと顔を出すから

いることはいるよう。

それでもトップにこだわって数を打つ。

そして、ペンシルを浅場からドリフトしながらひいてくると、

一旦深くなって岩があるところあたりで

気を抜いていたら川底からもの凄い勢いでひったくる!

岩陰にいたのかな?

  

口の外にフッキングしてます。ん~~カッコイイ魚。

HITルアーはマリアの『ポケッツペンシルF55 トロピカル』です。

とても簡単にドッグウォーク(ジグザク走行)してくれます。

広いフィールドを攻める際にgood。

とりあえずこの日はこれ一匹のみ。

スポンサーリンク


今回は記事的に文字数が異様に少ないので

やりとりの際、自分なりに気をつけている事を一点ご紹介したいと思います。

※間違っている。常識。とかあると思いますが、素人の一意見としてご参考に。

『水面でやりとりしない』事です。

チヌはシーバスのようにエラ洗い

(大きく口を開けて水面へジャンプする事。ハリが外れる大きな要因)

しない魚ですが、水面に来ると、とにかく暴れます。

なので水面でやりとりすると、ルアーが振られて

フックが外れてしまう可能性が高くなるので

手元まではなるべく水中を泳いでもらうようにやり取りします。

※もちろん、岩などの根があるときは水面まで浮上orルート誘導します。

そのためには、寄ってきている距離より、糸を巻きすぎない事が大事だと思います。

特に足場の高いポイントだとチヌの頭が空を向いて、宙づり状態にしがちです。

相変わらず文章だと意味不明なので華麗なる画で図解します。

   

こうすると、結構素直に寄ってきてくれます。

うまく伝わるかわかりませんが、こんなやり方もあるんだと参考になればと思います。

撤収。

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

コメント

  1. マエジマ より:

    お疲れさまです!
    掛けたら、竿を寝かしながら寄せるんですね。
    参考になります。
    掛かればの話ですけどね (笑)
    チニング未経験なもんで
    トップは、かなり前に遣ったこと有ります。
    今は無いですねぇ
    何処に行っても釣り人沢山居ますしね
    自然豊かな奄美に行ったら頑張ります!

    • turinchu より:

      確かに、寝かせながらですね!笑
      補足というか確信書いて頂きありがとうございます。

      よく言われてる事ですが、警戒心の高さに驚くと思います。見つかる前に見つけることができるといいかもしれません。
      是非奄美の自然に癒されて下さいませ!

  2. マエジマ より:

    有り難うございます!
    ステルス攻撃ですね 笑
    見つかる前に打てですね。