変温動物&思い込み怖し

8月29日(火) 小潮 晴れ

最高33.2度 最低25.7℃ 湿度65%

北風4ⅿ 海面気圧1009.6㍱ 降水量0.0㎜

るんるん~カビる~んる~ん。

潮位的にあそこにいるかな?とよった、

マングローブの子供が自生しているポイントへ。

写真だとわかりづらいですが、めっちゃいる。

以前、ピンポイントアタックで釣った状況と同じ。

ピンポイントアタックで釣った記事はこちら

こんだけいるから、あの辺に投げれば・・・・・

ああ釣れたな。←死亡フラグ

ぜっんぜんやる気なし。目の前にルアー落としているのに

逃げもしないし見てもくれてない感じ。完全に夏バテ?状態。

あ、そういえば魚ってどうやって体温調整してるんだ?

と気になって調べたので少しご紹介。

人間のように大体同じ体温を保つ生き物を恒温動物

爬虫類に多く見られる、気温により体温が変化する生き物を変温動物

といいますが

魚は変温動物になるようです。

ざっくりいうと、温次第で行動力が変わるという事。ざっくりすぎ~

この日は小潮で、午後の暑い時間帯の潮の干満差が1ⅿもない状況

潮の動きがなく、ものすごく水温が高い。足をつけるとぬるま湯のよう。

魚にも程度な体温があるらしく、おそらくこの日は

『あちぃ~動きたくねぇ~18℃強風で』

っていう感じだと思われます。動くとなおさら体温も上がるので。

  

その後も、点々とするも皆無。遠出する気力もなく納竿。

スポンサーリンク


それと、謝らないといけない事があります。

ウソ書いてました。過失です。

以前から一押ししている、島のニシムタに売っている

ニックネーム『ニシムタ君ルアー』ですが

「ちゃんとまっすぐ泳ぐものと、ナナメに泳ぐものがあって

見分けがつかないので、多めに買っておくといいですよ」

とかほざいてましたが、釣り中に気づいて足が震えました。

これ見て下さい。

↑はピンクがナナメ泳ぎで、クリアがまっすぐ泳ぐ。

↑はピンクがまっすぐ泳いで、クリアがナナメ泳ぎ。

ざわ・・・・

ざわざわ・・・・・・

 

テール(尻尾)が違うやないかーい!ルネッサーンス!

同じ箱から買ったから、形は同じだと勝手に決めつけてました。

ぴょんと真っすぐなのが『ピンテール』

平たくなってるのは『シャッドテール』

です。

改めて言うと、シャッドテールが真っすぐ尻尾をブリブリして

泳ぐのでオススメです。

思い込みって怖いな~怖いな~

僕の嘘の被害にあった方いましたら、本当にごめんなさい。

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村