ぶっこみ

ぶっこみ泳がせやってみた

8月31日(木) 長潮 晴れ

最高32.5℃ 最低26.6℃ 湿度62%

北北東の風3ⅿ 海面気圧1004.7㍱ 降水量0.0㎜

 

台風が太平洋を小笠原方面に北上中。

その影響か、この日の海は荒れ模様。

夜になると風も強く、若干秋を感じる温度感。

 

久々にぶっこみ釣りに行ってきました。

エサはカツオのハラモを使用

手のひらサイズが2枚で200円ちょっとという安さ。

これをハサミで短冊状に切って、針にかけます。

キビナゴと違い、エサ取りに強くエサ持ちが良いので

長時間ほっとくぶっこみ釣りに最適です。

これを10ⅿ程先へ投げて、竿先に鈴をつけてあたりをまつ。

 

シャン!

 

シャンシャン!!

 

この瞬間がたまりません。

ハリにかかったときに合わせないとダメなので、そのタイミングが難しい。

おっしゃ!~~~~・・・・・いない。

 

その後も何度かあたりがあるも、なかなか針掛かりしない。

食べてる魚が小さいのか、ハリがデカすぎるのか・・・。(タマン針使用)

 

スポンサーリンク


 

そして待っている間に、常夜灯に寄せられた小魚が水面に湧いてきたので

ちょろっとアジング。

アカネキントキ

テリエビス?

ナミマツカサ?

かわいい~カンモンハタの赤ちゃん。

 

このうち、テリエビスがサイズ感や生命力的に生き餌にできそうだったので

上あごにかけてぶっこむ。

 

でもアタリが無い。

しばらくして引き上げると、

 

え?

 

ラインが切れている。

8号のフロロカーボンがすぱっと切れている。

アタリは無かったのに・・・・。

 

サメ?

 

島の海は何が釣れるか

あげるまでわからないから面白い。

 

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村