エギング

3000円落ちていた

11月9日(木) 中潮

最高25.3℃ 最低19.5℃ 湿度70%

平均風速2.8ⅿ 最大風速北5.0ⅿ

海面気圧1018.4㍱ 降水量合計0.0㎜

 

 

ナイトエギングへ向かう途中に遭遇

最近は、細長い物体をみると反射的にハブか確認する癖がついています。

 

今回は1ⅿぐらいの大きさ。前捕まえたときは、ささっと逃げる感じだったのですが、今回のは車に轢かれるのを待っているんじゃないかというぐらい動かない。

やはり気温の低下で動きがにぶくなっているのでしょうか。

 

一応土のう袋で、動きを封じ、落ち着いて捕獲完了

 

ちなみに、ハブの捕獲~買取までをまとめた記事は↓こちら

奄美大島 ハブ捕獲~買取りの流れ実は2017年9月某日、夜釣りから帰る途中に偶然ハブを発見。事前に車に積んでおいたハブ取り棒&ハブ保管箱を駆使し無事捕獲。1匹3,000...

 

役所に行けるタイミングあるかな~。しばらくハブとの共同生活かな・・・

 

・・・・ナイトエギングの結果は?察して下さい。



 

↓クリックして頂けると励みになります。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
 

コメントを残す