ストローワーム作成方法

需要は無いと思いますが、一応知っておいて損はないと思います。

3月1日(木) 大潮 最高19.0℃ 最低15.1℃ 湿度63% 平均風速3.8ⅿ 最大風速北7.1ⅿ 海面気圧1014.7㍱ 降水量合計16.3㎜ 前...

肝心のメアジは連れてませんが、メッキ・ハタンポは捕獲実証済みです。

用意するものは、ストローとハサミ。

ストローは細い方が、アジング向きだと思われます。

まずは尻尾を作成。ストローを斜めにカット

こんな感じ。尻尾の長さはご自由に。

そして、頭の部分をカット。

最低でもハリが隠れるくらいの長さに切った方が良さそうです。

そしてこれが『キモ』の部分。※東京特許きょきゃきょくに申請中。

お腹の部分を縦にカット

こうなります。これで完成。

それではフックに掛けます。

フックはアジング用であれば、何でも合います。

頭のほうに内側から貫通させて、

針をひねって、上図のような感じにもっていき

今度は背中からブスッと刺します。

この時、お腹の割れ目からフックが出るように刺してください。

フックを起します。

このままでは、オモリの部分とストロー部分に隙間ができてしまうので・・

ぐいっと押し込んで完成。

・安い

・中空構造で水を捉えて安定度が高い

・魚が噛むとストローがつぶれて、フックのふところ奥まで刺さる事で

バレ軽減と、フックの強度を最大限に引き出す。

工作が得な方はもっと凄いの作れると思います。

子供と一緒に作って釣るのも最高だと思います。

ブログの下の方にLINEでシェアするみたいな機能がありますので、ご活用下さい。

しばらくアジングする時はこれでやります。釣果は随時ブログでご紹介します。

明日は、曇り・無風・大潮。

よだれが止まらない。じゅるり

↓ランキング上位目指してます。クリックして頂けると嬉Cです。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村