おすすめ

アジングのすすめ

一旦やっておきたかった、今回の記事。

 

そう。現在人気急上昇中の『アジング』

 

アジングなので、もちろんアジを狙う釣りなのですが、何せワームがほぼエサみたいなレベルなもんで、外道として色々な魚が釣れてしまいます。

 

奄美だとマアジ』もいるみたいですが、『メアジ』という目が大きなアジがメインになってきます。その他に外道としてよく釣れるのが、『キントキ』『ハタンポ』『チヌ』『メッキ』『ナミマツカサ』。他にも『ミノカサゴ』や『グルクマ』、『ターポン』など、幅広い魚種が狙えます。

 

しかも、釣り竿&リールが小型なので女性や子供でも手軽にルアー釣りが成立します。

 

簡単に竿とリールの紹介、他に道具は何を使ったらいいかを簡単にご紹介します。

 

 

竿

シマノ ソアレシリーズ

シマノのアジングシリーズ。その名も『ソアレ』

 

ダイワ 月下美人シリーズ

さすがのダイワさん。『月下美人』なんて素敵なネーミング。デザインにも凝っていてオシャレ。

 

基本的にULとかLとかありますが、ジグ単体(ジグ以外のオモリを付けない)釣りの場合は

ULが竿もしなって面白さ倍増です。

 

メジャークラフト クロステージアジング

 

コストパフォーマンス界の重鎮メジャークラフトさん。

取扱っている店舗が多いですし、安いので購入し易いです!!!

リールはどれを使えばいいの?

上記にも紹介した、シマノのソアレシリーズのリール。ダイワの月下美人リールを買えば一発ですが、要はシマノなら1000番台。ダイワなら1000~2000番台(この辺はイマイチわかりづらい)を買えばいいという事です。

お求めやすいのは↓な感じです。

 

シマノ 17セドナ1000

 

ダイワ 16クレスト1000

 

 

アブガルシア  17カーディナルⅡ SX1000S

 

使用する糸

糸には大きくPE、ナイロン、フロロと3種類ありますが、PEの場合はリーダーを結ぶ手間が発生するので、ナイロンかフロロでOKです。(エステルっていうのもありますが中~上級者向けかなと)

 

入門者にオススメはカーボン&ナイロンの2lb(ポンド) ※0.5号に相当

細ければ細いほどアジの食いは良くなりますが、30㎝のメッキを抜き上げるには最低のこのぐらいの太さが必要かと思ってます。

 

ナイロンは伸びがあるので、ただ巻き時の安定度&食ってきた時に伸びてくれるのでオートマチックにフッキングが決まります。

また、フロロの固さも持ち合わせているので、感度も良好。

 

糸については奥が深すぎて僕自身見えておらず、色んなのを試している段階ですが、細ければ細いほど食いが良いのは間違いないです。

 

つりんちゅおすすめジグヘッド&ワーム

 

ストローワーム作成方法需要は無いと思いますが、一応知っておいて損はないと思います。 https://turinchu.com/archives/...

ストローワームで全然釣れますが、ちょっとコツがいるので最初は↓これをススメます。

 

 

クリアブルーさんのジグヘッド&ワームです。

重さがジグヘッドに刻印されています。売ってるやつの大半は、何グラムかなんて書いてないです。

基本的に夜間メインだと0.6~1.2ℊを持っておけば中層~表層を狙えます。

日中等に、もっと深場を狙うなら1.5ℊとかもあります。

 

ほいで自動的にワームもクリアブルーになります。

ジグヘッドとワームはメーカー合わせた方が実感的にも動きが良いと思います。

 

島だと唯一、古仁屋のリバティオーシャンさんが取扱ってます。

本社から直接買える??かは未検証です。

 

まぁこれも相当な数の種類が売っていて、ぶっちゃけどれでも釣れると思いますので自分の気に入ったカラーを選ぶんだほうが面白いです。

糸とジグヘッドの結び方

http://www.basslabo.com/dictionary/linework.htm

僕は↑にある、『クリンチノット』というのでやってます。

サルカンとの結びにも使ってる万能&強度あり&簡単な結び方です。

 

釣りポイント

基本的に夜の常夜灯下メインが釣れます。日中はまだお勉強中。

市内近辺だと、知名瀬漁港でメッキやキントキ。大熊と長浜は意外と厳しい。

もっと遠くの漁港へ行けば釣れる確率UPします。

メアジに関しては、宇検村・古仁屋まで行かないと中々出会えません。

 

島は23時~0時になると外灯が消えるところが多いので、ご注意を。

 

これだけでOK。ワームの動かし方

ただ巻く。ただ巻きでOKです。

ただ巻くだけとは言いますが、これを意識すると釣果UPです。

・一定の速度で巻く

・同じレンジ(深さ)を巻く

・竿先を動かさない

要は魚に人間が操作しているという不信感をあたえない事が大事です。

意外と難しいです。

 

これをベースにアクション等を入れるとさらに釣果UPしますので、まずは基本のタダ巻きを練習するべしです。僕も練習中です。

 

以上。黒い物体からの妨害を受けながら頑張りました。

手軽に簡単に釣れる『アジング』ぜひルアーフィッシング入門にどうぞ!!

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。