チニング

サウスブルーの高級魚

7月11日(水) 中潮

最高31.0℃ 最低27.4℃ 湿度85%

平均風速4.0ⅿ 最大風速東南東6.2ⅿ

海面気圧1013.1㍱ 降水量合計0.0㎜

 

ポイント選定に悩む。

 

当初行こうと思ってたところは、強風。

 

とりあえず風の影響が少ないところを攻める事に。

 

深さ&根がイイ感じでチヌが出そうなポイント。

 

これまでも何度か攻めていますが、釣れた事はない。

 

でも活性が上がってきているから、でるかも??

 

でるかも。

 

根付近&根の上をトップで通す。

 

 

 

バシャッ

 

 

 

きたよ。

 

ちょっと動きを止めて食わせの間をつくると

 

 

ジーーーーーーーーー

 

 

最高。

 

 

根に擦れないように慎重にファイト。

 

 

寄せる

 

 

おっき

 

フィシュグリップで掴もうとすると、暴れる

 

ルアーが外れる。やばい。

 

焦るな。

 

ばしゃばしゃばしゃ・・・・

 

これはバラシではない。リリースだ。

 

と言い聞かせる。

 

 

気を取り直して

ちょっと湾になってて流れが緩やかなところ。

 

バシャコン!!!

いるよね~。

 

これもイイサイズ。

久しぶりの計測。40㎝は無かったか~。

 

その後も

ドン!!

 

あぁ~最も高いわぁ。

 

 

そして本日のメインイベントですが

 

ポイントに着いたときから、やたらとベイト(エサとなる小魚)が多い。

 

何かに追われて水面をベイトの群れが飛び跳ねる。

 

捕食者が水面を炸裂させる。

 

こんな日は何かが起こる。

 

とりあえずトップをやめて、ミノーに切り替える

1軍の『ジャクソン ジーコントロール』

 

重さがあり飛距離が出て、ブリブリ動かずにナチュラルに中層を引けるルアー

 

とりあえず魚が跳ねてる方向を重点的に四方八方へ投げる。

 

グググ!!!

 

お。なんか食った!!!

 

あんまり走らないし、重い。ダツか??

 

とりあえずゴリ巻きで寄せると糸が根に擦れる感触が・・・

 

これはやばい。

 

一旦テンションを張らず抜かずにして状況を確認すると

 

根に潜ってる~~~~

 

立ち位置を変えて、根から出てくるのを待とうとした瞬間

 

 

ググググ!!!

 

 

でた!!

 

 

ネバリ系なのは確定しているので、すかさず音速で巻くと

 

 

なんと

南の島の高級魚『ハージン(スジアラ)』でした。

 

40㎝ほどで、色的にもまだ幼魚でしたが

※幼魚は茶色っぽく青い斑点がくっきり。成魚は真っ赤。

 

陸からこのサイズ釣るのもなかなか難しいので、お持ち帰り。

 

何度も書きますが最高。

 

この日ダツの悪質タックルでエギがポアしたのは別のお話。不謹慎ジョーク。



 

 

 

 

 

 

↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

 

インスタグラムもやってます。お気軽にフォロー宜しくお願い致します。

https://www.instagram.com/turinchu.amami/

  ↓ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
 

コメントを残す