チニング

爆風トップおちぬちぬ

『明けない夜は無い。終わりの無いトンネルは無い。やまない雨はない。』

って思われがちですが

『夜が明けたと思ったらトンネルに入って、ようやく抜けるとホワイトアウト。』

のコンボがリアル。

夜は出歩かず、トンネル内ではライトを点灯し、雪道では足元注意。好転をただ待つのではなく、できる事に集中。

ぷー
ぷー
何言ってんだこいつ

らい
らい
目合わせちゃダメよ

 

ほいでこの日は、というかこの日も爆の風。そして風波によって海底の砂が巻き上げられてニゴニゴのニゴ。※濁っている

この日検証したのは、『爆風もろ風上にも関わらず風をしのげる場所があれば、そこに魚が避難してくんじゃね?』説。

風向きを確認し、脳内マップで各地の状況を想像してポイント選定。

そして開始早々に、おちぬちぬをキャッチ。

まさかチヌが食ってくると思わず、デカロウニンメッキだと思ってファイトしました。やっぱりチヌってパワーあるな〜。そしてその後も一匹追加しますが、オートリリース。

HITルアーはヘビーミノーLGの、濁り時にきくピンクカラー。

リップが割れやすいのが気になるところですが、この一戦時にボディーを砕かれました。

 

ちぬおるやんけ。

 

ということで、他の似たような場所にもチヌが着いてないかを調査。かなり浅場まで寄ってきているっぽかったので、強気のポッパーで攻める。

 

そして、ポコっと飛び出た石の近くに着水し根掛かった様な感触が伝わる。え?トップルアーなのに水中に根がかるの?

 

否!

 

咄嗟に察して軽く合わせを入れる。すると

 

グンッ!グンッ!!

 

突如スカウター(偏光グラス)にザーボンに匹敵する戦闘力が表示される。

これまたナイスサイズのおちぬ!!

しかも狙い通りトップで出せて嬉しみ。

 

真冬の爆風を制すものは、真冬の爆風を制す。えっ?

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す