メッキ

濁りボラ

新しいルアーを買ったときって興奮しますよね。上がDUOのリュウキ60S。

もう僕のブログではレギュラーメンバーですね。

下がアイマのシュナイダー55。

深場から浮上させずになるべく水平に引きたかったので、比重の重い鉄板系を購入しました。

 

あぁ〜これは釣れたわ〜

 

意気YoYo!チェケラ!で現場到着。

めっさ濁っとるやんけ。

連日の大雨の影響で透視度5cmぐらいしかない。

でもこれは場合によっちゃかなり有利な状況。

とりあえずトップルアーから攻めますが、さすがにこの濁りでトップは誰も追ってこない。

続いてアピール系のミノーを少し沈めてから巻く。

反応なし。

 

ん〜これは撃沈かな〜。と思いながら移動しようとしたその時

 

バシャバシャバシャバシャ!!

 

急に50匹近いボラの群れが目の前で大暴れ。

ベイトおるやん。そしてこれは捕食者から逃げてる動き・・・

 

これはキリン柄の魚群がレインボーオーラを纏い泳ごうとしてる中、ランプ消灯フリーズ状態からのカットインで『ケ−−−−−ン!!』ぐらいの確定演出。

今手持ちで一番派手なミノー アイマのイッセンを、表層付近で見せるように巻くと

 

ゴチン!

 

30は超えてるギンガメッキをキャッチ!!

もっとでかいやつが入ってるかと思いましたが、どうやらこのサイズの群れが入ってきている様子。

続いて

おなじ群れの個体を連続キャッチ。ギンガメにしてはめっちゃひきました。

 

そして濁りの恩恵の一つ、スレづらさを再々確認

もう一匹追加!!

うひょ〜この連発、これがガイドだったら最高だったのに。笑

【宣伝】ガイド、釣具レンタル絶賛営業中です宜しくお願い致します。

 

そしてさすがに警戒されて以後反応ナス。

濁りの中でベイトを探すのは中々の無理ゲー。

とりあえずこういう時は無心になって、バイブレーションをフルキャストからのタダ巻きが一番。

瞳孔全開でヨダレと糞尿を垂らしながら巻いていると

 

ゴリッ

 

ゴリゴリッ

 

ゴリッ

 

深さを10だとしたら3から5付近を通っているはずなのに、なにか硬いものに当たる感触が伝わってくる。大雨で流されたゴミか?

そして

 

ゴンッ

 

あ、やべ。ひっかかっちゃた。

と思った次の瞬間

 

ギャリギャリギャリギャリギャリギャリ!

 

え?しゃ・・しゃ・・・しゃかな?

しかもかなり重く、そんなに緩くないドラグがほぼ一方的に出される。

次の瞬間

 

ぴょーーーーん

ふわっ

 

1m近いボラのようなシーバスのような生物が、エラ洗いをしてラインブレイク。

買ったばかりのアイマのルアーが千の風に・・・。

実は以前にも同じ場所で同じ魚に切られた経験あり。

これはヒラメタックルの出番かな・・・。悔しい。

 

人は魚を釣った時ではなく、バラした時に成長していく。

By つりを

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す