ぶっこみ

佐大熊港でぶっこんだ結果

9月20日(木) 若潮

最高32.1℃ 最低25.2℃ 湿度84%

平均風速1.7ⅿ 最大風速北北西3.7ⅿ

海面気圧1012.0㍱ 降水量合計0.0㎜

 

〇〇した結果。←某動画サイトでよく使われるタイトル。

最近連チャンで使用していますが、なんか・・・すごく便利。

 

①ファミマで買い物

 

②ファミマで買い物をした結果

 

②の方が結果ってなんだよ?ってなりますね。いや~色々考えてますね~凄い。

パクらせて頂きます。

 

えぇ~御託は以上。

 

 

今回はなんと、珍しく名瀬でぶっこみ。場所は佐大熊港。

一応補足。

島には『大熊港』と『佐大熊港』とあってややこしいですが、メアジが釣れるのが『大熊港』で、今回は『佐大熊港』です。

 

エサはもちろん『アオリイカ』

身持ちがよく、実績も十分。なにより釣れば無料で大量に入るエサ。

 

 

セッツ。

 

 

20号のオモリで12~3秒で着底したので水深30~40ⅿぐらい?完全にカン。

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・・・・。

 

30分経過

 

・・・・・・・・・・・・。

 

シャリン!!!ジー

 

お。なんかあたった。でも針掛かりしてないな。

 

その後、しばらく様子をみても音沙汰無いので

 

もしやサメに一撃食らって切れたか?と思いましたが、切れてるどころかエサは食われておらず。

 

糸が何かにぶつかった??

 

 

今度は投げる方向を変えて。エイッ

 

・・・・・・。

 

・・・・・・・・・。

 

30分経過

 

・・・・・・・・・・・・。

 

 

50分経過

 

 

さすがにエサチェック。

 

 

!!??

 

 

いや。切れとるやないかい。※ナイロン18号

アタリは何もなかったはず。

 

切れたところをみると、スパ切れではなく、ズタボロになって切れている。

 

それと針から1ⅿぐらいにかけて糸が根ズレした痕跡が。

 

犯人は岩の中にいる。真実はいつもじっちゃんの名にかけて!!

 

※ひきも無かったのでウツボと思われ

 

 

結局、ぶっこみは惨敗だったのですが、個人的に大問題は別に発生。

 

普段は真っ暗闇の港なのですが、ヘリの着陸のためにライトが点灯するという僥倖。

 

ライトに引き寄せられて何か泳いでいる。

 

アジング開始。

 

早速HIT!!

 

ジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

やめられない止まらない。

 

ドラグをギリギリまで絞っても30ⅿぐらい走られる。

 

これはアカン。

 

リールを手で押さえてライン放出を調整していると

 

 

『パッチーーーーン』

 

 

ラインブレイク。勝負を焦ったか?

 

2回目のHITでは

 

足元で堤防の下に突っ込まれる。←このタイプの堤防はかなりツラい。

 

結局何だったのか確認すらできず。

 

そうこうしているうちにヘリが飛び立ち、ライト消灯。

 

千載一遇のチャンスを逃してしまった。

 

チャンス✖がつきました。

 

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村 ↑ブログランキング登録中。応援してくれる方、クリックして頂けると励みになります↑

コメントを残す